自宅で介護する際のバリアフリー化

自宅で介護する際のバリアフリー化についてお話しします。

バリアフリーとはもともと建築用語でした。
バリアが障害を意味し、フリーが除くという言葉を意味します。階段などの障壁を取り除くことで、足腰の不自由な方でも快適に過ごせる環境作りに取り組んでいます。

介護が必要となった方は、利便性などの観点から施設への入所を勧められるケースが増えてきています。しかし長い間住み続けた自宅を離れることに抵抗を感じる方も多く、施設入所以外の対応が必要になる場合もあるのです。

要介護者が自宅で生活する場合に大きな障害となるのが階段や段差。部屋を移動する際段差につまづき、大けがをしてしまう場合も少なくありません。そのため足腰の悪い方でも安全に部屋を移動できるよう、自宅のバリアフリー対応を検討する方が増えているのです。

エレベーターのない集合住宅や一戸建てなどでは、階段昇降機を利用することで階段移動の負担が大幅に軽減されます。住み慣れた自宅で生活をすることはストレスフリーにも繋がり、介護を必要とされる方の生活をより豊かにすることができます。

スポンサーリンク